スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知白バイ事件再審請求 第17回三者協議報告

第17回 三者協議報告

H24年3月26日 高知地裁

1 ネガ鑑定について

 
ネガの光学顕微鏡撮影について、この手続きを「鑑定」とするのか「検証」とするのかを高知地裁は検討中です。高知地裁がネガ撮影を依頼した企業にとっては、鑑定とするのか検証とするのかは重要な問題として受け止めている模様。
また、撮影後の撮影者の証人喚問も重要な事案となっているようで、企業は撮影の引き受けを考慮中です。

最悪、撮影する企業が見つからない場合は、証拠資料の「閲覧謄写」の一態様として、弁護側が光学顕微鏡での撮影をする可能性も出てきました。この場合、撮影した結果の証拠としての価値は「鑑定」というものよりも低いものとなる可能性が大となると思われます。

2 スリップ痕の嘱託鑑定結果について

3月21日に提出された新たな証拠写真(白バイの損傷を撮影したもの)を、裁判所が嘱託鑑定人に送付し、鑑定結果に追加する事項ががあるかどうかを検討してもらうことになりました。

鑑定人に送付される写真では、白バイフレームの傷や、バンパーが削れた痕跡がはっきりと写っており、衝突形態の鑑定に大きな影響を与えるものがあります。もちろん。嘱託鑑定にある衝突形態を否定するものなのですが、嘱託鑑定人の対応っが注目されます。

 補足説明 嘱託鑑定人は バスと白バイの衝突形態を次のように鑑定しています。
 
 
 〇 白バイはバスに対してほぼ90度の角度で衝突。
 〇 白バイは直立状態で衝突後、その場で右に転倒後バスにひきずられた。
 
 特に直立状態で衝突したという鑑定は、バスの底部(エアタンクやフロントバンパーステー等)の損傷形態と一致しないのはあきらかとなっています。また、今回送付された白バイ損傷写真では、白バイが転倒に近い状態で、バスの右側面最前部に潜り込むように衝突したことを証明する痕跡も確認されています。

 おそらく鑑定人は新写真を無視すると思います。嘱託鑑定人の鑑定(バス横滑り説)は白バイ直立、直交での衝突を大前提としているので変更はできないでしょう 
 

3 ネガの製造年月日について
 弁護側がネガの製造年月日について、弁護士照会に対する回答が二転三転した理由を、高知地裁より問合せするように上申していましたが、今回の三者協議で、この件については,裁判長は判断を留保するとの見解をだし、弁護側。検察双方が了承しました。
 
 

 補足説明  片岡さん有罪の証拠とされたスリップ痕写真のネガ6本の中の一部の製造年月日が、事故発生後のものであるという回答をフィルムメーカーが公式に回答していました。これを受け私たちはマスコミにこの情報を公開しようとした時に、メーカーは公式回答を訂正し、間違いであることを弁護側に伝えてきました。

 
 メーカーは間違った理由はフィルムに記載された製造番号を読み違えたと説明するのですが、一回目の公式回答によるとネガ製造年月日は「事故発生前」 再度調査を申し込むと「事故発生後」、そして 、土壇場で「事故発生前」と訂正してきました。さらに製造年月日の日付は3回ともすべて違います。

 同じ製造番号で検索して、製造年月日という基本的な情報が3回も違う結果が出るとは理解できないので、高知地裁にこの件についての照会を求めているところです。
 
以上 第17回の三者協議の内容です。現在は18回まで開かれています。 18回三者協議が4月19日に開かれました。協議内容の確認が取れましたので、GW中にはお知らせできると思います。



お知らせ


5月10日 愛媛白バイ 国賠訴訟控訴審判決 高松高裁 13:10~ 
 
2004年 愛媛県で起きた白バイと少年の運転する大型スクーターの事故で、刑事裁判(少年審判)で勝訴した少年が、愛媛県警を相手に損害賠償を求めていました。これに対し愛媛県警は少年側に白バイ修理代と、白バイ隊員の治療費を請求して反訴しました。

松山地裁は愛媛県警の主張を受け入れ、少年に78万円の支払いを命令しました。少年側は当然不服として控訴しました。


控訴審では、警察の杜撰な捜査や証拠の隠滅を指摘し、裁判長自らが事故現場を視察しました。その際に、警察の捜査に大きな矛盾があることがわかりました。また、この裁判長が結審直前に転勤するなど異例の進行を迎えての判決です。

全国の皆様のご注目をよろしくお願いします

関連情報  
愛媛白バイ事件
スポンサーサイト

第16回 高知白バイ事件再審請求三者協議


第16回 再審三者協議報告 3月6日 高知地裁


1)ネガ鑑定について

鑑定を依頼していた企業1社より、対応可能という回答があった。しかし、撮影作業に弁護側、検察菅の立会いはできない。

裁判長
「今回のネガフィルムの光学顕微鏡写真の撮影を「鑑定」とするか「検証」とするかを検討中」。

検察官
「弁護側の指定する撮影方法では、撮影倍率の設定を業者(撮影企業)が適宜行う異なっている。倍率の決定をどのように行うのか不明である」
「現在の撮影方法では、レーザプリンターやインクジェットプリンターのドットを探してほしいと言っているのに等しいのではないか」

裁判長
「撮影終了後に倍率設定が問題となり、再撮影をすることないように、撮影条件などを詰めいておく必要がある」

弁護人
「撮影方法について、書面で提出する」



2)ステレオカメラで撮影された写真について


検察に弁護側への開示を指示した

捕捉説明
 
ステレオカメラで撮影された事故現場写真の中に開示されていないものがあり、その開示を指示したものです。
ステレオカメラ⇒事故処理車の屋根についているカメラ。



3)ネガの製造年月日に関して

弁護側は、フィルムメーカより報告のあったネガの製造年月日が、二転三転したことの原因を裁判所から紹介するように求めているが、検察は「照会は不必要」と発言

ネガの製造年月日の件については ⇒ http://r110.blog31.fc2.com/blog-entry-111.html



4)検察が任意提出した写真7枚について


検察官 
写真発見の経緯を捜査した結果は3月5日付け捜査報告書に記載したとおりである

支援する会はその写真を現時点では確認していません。捜査報告書も入手していません




5)亡くなった白バイ隊員の着用していたボディプロテクターの開示について


検察官
「ボディープロテクターの写真・ネガは発見できなかった。また、被害者(白バイ隊員)の受傷状況や、着衣の写真も再度捜査したが発見できなかった」

県警の事故捜査報告書によると、隊員の着用していたボディプロテクターが破損していることが確認されている。ちなみに隊員の死因は胸部損傷による大動脈破裂である。重要な証拠であると思われるが、それを保管はおろか撮影すらしていないことになる。

原審判決では白バイは60km/hでバスに衝突となっているのですが、その速度でプロテクターが破損したのみならず、隊員の胸部大動脈に損傷を与えることはないと考えています




6)警察庁報告書に記載された8枚の写真について


 
検察官
「それらの写真はデジタルカメラで撮影されて事が判明した。掲載分以外の3枚をあわせて11枚の写真の写しを添付した捜査報告書を作成した」

裁判長
「その捜査報告書を弁護側に開示して、弁護側において証拠化の必要性を検討してください」

15回三者協議報告記事にも書きましたが、この写真は大きな意味を持ちます

昨年9月2日にネガと共に高解像度で開示された証拠写真の中に、警察庁への報告書の写真と撮影された同じ被写体(例えば白バイ)を、ほぼ同じ位置、同じ距離、同じアングルで撮影された写真が複数枚あるからです。最初は9月2日に開示された写真が報告書に掲載されたのだと錯覚していたくらいです。

これは、同じカメラで連続撮影された現場写真が一枚はネガに残り、一枚はネガに残らずに報告書に掲載されたと考えられます。

これまで私たちは、ネガはねつ造されたと主張してきました。その方法は、証拠写真をスキャナ
ーでPCに取り込み、加工し、プリントアウトとした写真を、さらにフィルムカメラで再撮影してネガを作成したと考えています。その際に、都合の悪い写真などは再撮影されなかったでしょうし、また、枚数調整のために、ネガにあるべき写真が再撮影されなかったはずです。捜査報告書に掲載された写真はそういった類の写真と考えられます。

仮に今回検察官が報告した通りに、報告書掲載の写真がデジカメ撮影ならば、この仮説を裏付けるものとはなりませんが、否定するものともなりません。

もちろん、デジタル撮影されたものかどうかも疑問です。デジカメ撮影されたものなら撮影データを開示してもらわないと、「ネガを提出しないための嘘」と考えられます。

掲載された写真8枚は最初の撮影から最後の撮影まで、2時間ほどかかっていることが、撮影された事故現場の状況から推測されます。その間、撮影された写真が11枚というのも不自然です。

そのうち3枚は未確認ですが、残り8枚の写真のそれぞれと、連続撮影された様にそっくりな写真9月2日に開示された写真、つまりフィルム撮影されたとされる136枚の写真の中にがあるのです。

デジカメ写真を加工して再撮影し、ネガフィルムを作成したのか、あるいはデジタルカメラの撮影というのは都合の悪いネガ提出をしないための嘘なのか 捜査報告書の開示がまたれます。 





第13・14・15回再審三者協議

第13回三者協議 1月16日 高知地裁 

1)前回の協議で開示要求した白バイ隊員の衣服や身体損傷の写真について

 検察官は「現在調査中」と回答。

2)H23・9・2の検証調書に添付された写真(ネガよりコピーした写真)に、検察より報告にあった使用カメラ機種に該当しないカメラを持つ捜査員が写っていた。その機種不明のカメラの調査を検察に要求した。

3)ネガフィルム鑑定方法について
 ネガフィルムの顕微鏡撮影を民間会社に依頼するために、技術的に可能かどうかの照会を企業に始めることに、弁護側は同意した。


4)新証拠写真の扱いについて

 弁護側は、白バイ車両 の損壊状況が詳細に撮影されている写真が検察より昨年末に開示された。その写真を嘱託鑑定人に送付して、嘱託鑑定内容を補充・修正する必要の有無を確認することを申し入れた


第14回三者協議 2月6日 高知地裁

1)ネガフィルム鑑定ついて

裁判所より
 ネガの顕微鏡撮影を依頼する企業5社の内3社より応じられないとの回答があった。残り2社は回答待ちの状況。全ての企業が断った場合には弁護側によるネガの顕微鏡撮影も検討する旨の発言

 
2)カメラ機種の特定について

 
 
第13回三者協議で開示請求したカメラの機種とそのネガについて

 
 検察官より

 「写真については、刑事訴訟手続きに載っていない(証拠化されていない)写真の開示請求と理解しているが、カメラ同様いずれも調査中。」


第15回三者協議 2月20日 高知地裁

1)ネガの顕微鏡撮影について

裁判所
 依頼を予定して5社すべてから断られた。新たに選んだ2社に顕微鏡撮影の可否を紹介することが決定した。2社が対応できないとなれば、弁護側(三宅教授)による撮影を検討するとする

検察
 弁護側による撮影には中立性を検証することが困難であるとして反対をした。

2)未提出のステレオカメラで事故現場を撮影した写真について

 検察官において県警本部にてプリントアウトして裁判所に提出することが決定

3)13回三者協議で開示請求されたカメラの機種、及びネガについて

 検察官
 ・ カメラ機種は現時点で不明。
 
 ・ そのカメラで撮影した写真の内、本件に関する写真7枚を提出する。
 ・ ネガフィルムについては、ネガの保管状況を説明する書面を提出する

カメラの機種が不明でも、そのカメラで撮影した写真はわかるらしいが、どういう管理や保管をしているのだろう。それを説明するための書面提出と思われるが、現時点で支援する会ではその書面を確認できていない


4)A:警察庁報告書に記載された写真のネガ、及び B:白バイ隊員が装着していたプロテクターの開示請求について

 検察官 
 Aについては現在調査中 Bについては写真に関して調査中
 

3)と4)の証拠品に対して弁護側が開示請求したのは2月2日付け上申書。


特に警察庁報告書に記載された8枚の写真のネガは重要と考えられる。というのは、昨年9月2日にネガと共に高解像度で開示された証拠写真の中に、警察庁への報告書の写真と撮影された現場や時刻が酷似した写真が複数枚あるからだ。



第13回高知白バイ事件再審請求・三者会議報告

 
最近 更新が遅れていますが、再審請求の方では動きが出ています。

1月16日に三者協議が行われましたので、その報告です。
これまでの高知白バイ再審三者協議の内容は、ダイジェスト版ですがHPの事件年表に記載してます
http://haruhikosien.com/nennpyou.html


第13回再審三者協議


1) 白バイ隊員の衣服の開示について

 弁護側は白バイ隊員の衣服、またはそれを撮影した写真の開示を求めていました。当初不見当とした検察は再調査中との回答

捕捉説明 
原審判決ではバスが白バイ隊員をバスの進行方向の右前方に3.5m跳ね飛ばしたと認定されています。大慈彌鑑定では白バイはバスの右方からバス右側面にほぼ直角に衝突したとされていますが、私たちはバスに右から直角に衝突した白バイ隊員の体がバスの右側前方に3.5mも跳ね飛ばされることはないと判断しています。停止中のバスに衝突した白バイ隊員はその場に倒れ込んだというのが私達の主張です。
 白バイ隊員の身体の受傷部分や衣服の損傷を程度が明らかになれば、事故形態解明の重要な資料となると判断して開示請求をしています 


2) カメラ機種の再調査要求

 第12回三者協議で、現場写真を撮影したカメラ7台の機種が明らかになりました。しかし、その報告されたカメラ機種とは違うカメラを所持した県警捜査官の写真が存在していることが判明しました。弁護側がそのカメラについての著往査を要求しました。

 裁判官は具体的な調査内容を文書で提示するように弁護側に求め、2月に入り弁護側は上申書を提出しました。


3) ネガ嘱託鑑定について

 
 裁判所と弁護側において、鑑定方法と鑑定する写真について細部の打ち合わせが行われました。裁判所は弁護側鑑定人三宅教授の指示する方法が可能な鑑定先の選定に入ることが決定しました。

 
 
 解説 
 ネガの粒子を顕微鏡で撮影し、その形状からネガが「写真を撮影」して作成されたものかどうかを判断する予定です。


4) 第11回三者協議において開示された白バイ写真について


 この写真を大慈彌鑑定人に送付して、提出されているスリップ痕鑑定や事故鑑定において、追記または訂正の必要性を有無を検討してもらうために、白バイ写真の送付を求いました。

 
 裁判官はその送付データー(デジタルデータ・プリントアウトのサイズ等)について検討するとしましたので、新たな鑑定資料として、開示された白バイ写真を大慈彌鑑定人に送付することが決定したと思われます。

 大慈彌鑑定人は自分の鑑定結果と矛盾する白バイ損傷をどう扱うでしょうか?


5) 40枚のステレオ写真について


 事故現場を撮影した40枚のステレオ写真が開示されていましたが、そのステレオ写真は「ガラス板」に撮像されたものであるので、県警本部で現像することが決定しました。4)の白バイ写真と一緒に大慈彌鑑定人に送付されます

ガラス板からの焼き付けは県警本部で行うことも決定しました。

 
6)質問状について

 
 フィルムメーカーにネガ製造何月日に関して再度質問することが決定しました
 
 大慈彌鑑定人への質問状送付するタイミングを4)・5)の送付と同じにするが決定しました


最新情報 「新たな写真」

 
 現場を撮影した写真が発見されました。ネット支援者の方が、事故当日に県警が作成した報告書に、これまで見たことのない写真があることが判明しました。写真は8枚。ネガの本数は不明ですが、撮影された時系列から最低でも2本以上の可能性があると思われます。

 いったい何が写っているのか、またどうして開示されなかったのか。とてもきになります
 このネガの開示は間違いないでしょう


ただ今 署名活動中です 参加をよろしくお願いします

2月5日現在累計署名数25587
         ネット署名 2610筆

ありがとうございます

署名活動


お知らせ 署名TVで署名をされる皆様

署名TVで署名をすると、署名時に記載したメールアドレスに、署名TVからの確認メールが届くことになります。その確認メールに返信をしてから、署名が成立するシステムです。確認メールの受信と返信をよろしくお願いします


fc2ランキングバナー ブログランキング参加始めました。クリックして事件周知にご協力お願いします

 


署名活動   募 金    公式Twitter    新着情報

片岡晴彦さんを支援る会は、片岡さんへの裁判費用等を支援するためにカンパを募っています。また、高知地裁に提出する再審署名活動をインターネットなどでも行っています。ご協力とご参加のほどよろしくお願いします。

冤罪・高知白バイ事件「片岡晴彦さんを支援する会」
高知県吾川郡仁淀川町長者乙2494
HP  
http://haruhikosien.com/index.html
Eメール  
haruhikosien@gmail.com 
FAX 0889-32-1696  TEL 090-3780-2081

携帯署名サイト
携帯用QRコードです 。署名活動拡散にご利用ください。




お詫びとHP更新のお知らせ


新年早々に皆様にはご迷惑とご心配をお掛けしています。

ネット署名ができない状況についてのお詫び

2011年12月末の署名締め切りを2012年3月10日に変更していますが、署名サイトへの申告が年末・年始休業にかかったために署名ができない状況でした。1月5日に署名期日の変更が行われたのですが、今度は2012年が正当のところ2011年3月10日と記載され、期限切れ署名運等という扱いになり、1月8日現在も署名ができない状況が続いています。

既に署名TVの方には訂正を申し入れていますが、3連休中でありましてネット署名の復旧は連休明けの10日以降になるかと予想してます。誠に申し訳ありません。年数の記載ミスは業者のミスですが、署名数が「2495」から止まっているにもか関わらず、確認を怠っていた当方にも責任があると反省していいます。

コメント欄やTwitterでこの件についてお知らせしてくれた人がいなければ、さらに復旧は遅れていたと思ます。ありがとうございました。 

また、署名活動を支援してくれている皆様、特にTwitterでRTをしていたいている方々には、大変申し訳なく思います。この場をお借りしてお詫び申し上げます。

これからはこのようなことないように気を付けていきますので、今後もよろしくご支援をよろしくお願い申し上げます。

            
  

公式HP更新のお知らせ


「事件年表」に再審裁判関連の年表を加えました。見出し程度の内容ですが、この先には年表にリンクを貼って詳細な内容も可能な限りお伝えしていきたいと思います。

http://haruhikosien.com/nennpyou.html#再審年表




フリーエリア
fc2ブログランキング参加中
fc2ランキングバナー
フリーエリア
ネット署名活動中
リンク
プロフィール

Author:siensurukai
高知白バイ事件・片岡晴彦さんを支援する会HP管理人ブログです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
2572位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
155位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。