スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛媛白バイ国賠訴訟・高松高裁現場検証報告


ehimeo2
 

 高松高裁現場検証行ってきました。 

 晴天の中、予定通りの時刻に裁判長と右陪審の裁判官の2名が事故現場に到着して、県警側(国)の代理人と水口弁護士と山本君の立会のもと現場検証が始まりました。相手側事故当事者の白バイ隊員のS氏は欠席です。

 マスコミはテレビ局が一社。新聞は3.4社来ていたようです。検証開始時に裁判所より、マスコミ関係者等に路上へは出ないと言うことをが伝えられた後に始まりました。

   ehime01      ehime03

 写真左 山本君のスクーターがやってきた方向を見やる裁判長
 写真右 山本君が停車していた位置に立って確認する裁判長

 40分ほどで検証が終わった後、裁判官のもとに記者達が集まり、コメントを求めたのですが、『今日の検証は非公開のものだ』ということで裁判官はノーコメントです。被控訴人も同様に『ノーコメント』で現場を去りました。

 裁判官らの細かい話を記録できなかったのですが、一つだけ確認できた内容があります。

 裁判で白バイと衝突後にはね飛ばされた大型スクーターの転倒位置が争われていたのですが、今回の検証で双方の言い分を聞き、位置を裁判長が確認した結果、山本さん側の主張が認められました。





ehime05 

警察主張 赤丸で衝突して白丸まで衝撃で大型スクターが飛ばされた。
山本主張 赤丸で衝突して水色の丸まで衝撃で大型スクターが飛ばされた。

警察の見分調書のスクーター最終停止位置はもちろん白丸の位置になっている。その位置だとはね飛ばされた距離は約5mとなる。今回 検証によって認められた位置(水色)ならその距離は約10mとなる。

白バイの現在認定されている速度は57km/h。今回、山本さんの大型スクーターのはね飛ばされた位置が新たに認定されたと言って良いと思います。この結果から白バイの速度認定や警察の現場検証図に疑義が生じることになるのですが・・・。

下の写真の位置の特定が争われた。一見、門柱の形などから警察主張のように見えるかもしれないが、樹木の位置や、門柱工事の跡をみれば山本さん側の主張がただしい。県警(国)側代理人は門柱の有無を主張して食い下がっていましたが、それはみとめられなかった。

写真は見分調書に掲載されていたもの。
  ehime06

次回の愛媛白バイ国賠訴訟口頭弁論は5月〇日。少し先になりましたが、山本さんが新たに提出した事故鑑定書に対して、県警や国側が「専門家」に依頼して検討する時間が必要と言うことで決まったようです。

民事ですから鑑定依頼先は『科捜研』はないでしょうが、同じようなところになるしょう。次回口頭弁論の鑑定対決には関心が集まることは必至です。支援する会も引き続きレポートをしたいと思います。

愛媛白バイ事件にも関心と応援をよろしくお願いします。

この事件に関わらず冤罪事件の情報がありましたら提供をお願いします。可能な限りご紹介させていただきます。

ブログランキング参戦中・一日1回のクリックをよろしくです 

 
スポンサーサイト
フリーエリア
fc2ブログランキング参加中
fc2ランキングバナー
フリーエリア
ネット署名活動中
リンク
プロフィール

Author:siensurukai
高知白バイ事件・片岡晴彦さんを支援する会HP管理人ブログです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1830位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
119位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。