スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13・14・15回再審三者協議

第13回三者協議 1月16日 高知地裁 

1)前回の協議で開示要求した白バイ隊員の衣服や身体損傷の写真について

 検察官は「現在調査中」と回答。

2)H23・9・2の検証調書に添付された写真(ネガよりコピーした写真)に、検察より報告にあった使用カメラ機種に該当しないカメラを持つ捜査員が写っていた。その機種不明のカメラの調査を検察に要求した。

3)ネガフィルム鑑定方法について
 ネガフィルムの顕微鏡撮影を民間会社に依頼するために、技術的に可能かどうかの照会を企業に始めることに、弁護側は同意した。


4)新証拠写真の扱いについて

 弁護側は、白バイ車両 の損壊状況が詳細に撮影されている写真が検察より昨年末に開示された。その写真を嘱託鑑定人に送付して、嘱託鑑定内容を補充・修正する必要の有無を確認することを申し入れた


第14回三者協議 2月6日 高知地裁

1)ネガフィルム鑑定ついて

裁判所より
 ネガの顕微鏡撮影を依頼する企業5社の内3社より応じられないとの回答があった。残り2社は回答待ちの状況。全ての企業が断った場合には弁護側によるネガの顕微鏡撮影も検討する旨の発言

 
2)カメラ機種の特定について

 
 
第13回三者協議で開示請求したカメラの機種とそのネガについて

 
 検察官より

 「写真については、刑事訴訟手続きに載っていない(証拠化されていない)写真の開示請求と理解しているが、カメラ同様いずれも調査中。」


第15回三者協議 2月20日 高知地裁

1)ネガの顕微鏡撮影について

裁判所
 依頼を予定して5社すべてから断られた。新たに選んだ2社に顕微鏡撮影の可否を紹介することが決定した。2社が対応できないとなれば、弁護側(三宅教授)による撮影を検討するとする

検察
 弁護側による撮影には中立性を検証することが困難であるとして反対をした。

2)未提出のステレオカメラで事故現場を撮影した写真について

 検察官において県警本部にてプリントアウトして裁判所に提出することが決定

3)13回三者協議で開示請求されたカメラの機種、及びネガについて

 検察官
 ・ カメラ機種は現時点で不明。
 
 ・ そのカメラで撮影した写真の内、本件に関する写真7枚を提出する。
 ・ ネガフィルムについては、ネガの保管状況を説明する書面を提出する

カメラの機種が不明でも、そのカメラで撮影した写真はわかるらしいが、どういう管理や保管をしているのだろう。それを説明するための書面提出と思われるが、現時点で支援する会ではその書面を確認できていない


4)A:警察庁報告書に記載された写真のネガ、及び B:白バイ隊員が装着していたプロテクターの開示請求について

 検察官 
 Aについては現在調査中 Bについては写真に関して調査中
 

3)と4)の証拠品に対して弁護側が開示請求したのは2月2日付け上申書。


特に警察庁報告書に記載された8枚の写真のネガは重要と考えられる。というのは、昨年9月2日にネガと共に高解像度で開示された証拠写真の中に、警察庁への報告書の写真と撮影された現場や時刻が酷似した写真が複数枚あるからだ。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
fc2ブログランキング参加中
fc2ランキングバナー
フリーエリア
ネット署名活動中
リンク
プロフィール

siensurukai

Author:siensurukai
高知白バイ事件・片岡晴彦さんを支援する会HP管理人ブログです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1507位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
100位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。